メインイメージ画像

旅行代理店ではなく航空会社が格安航空券を売るようになっています

社会人や学生の方であれば、これから夏休みの時期になってきますので、海外旅行を計画する人もたくさんいると思います。海外旅行に行く場合は、航空チケットとホテルを別々に予約する人や、一緒に予約する人など色々です。昔は、旅行代理店で、格安航空券とホテルを予約するというのが主流でした。しかし、最近は、インターネットを使って予約が行えるようになってきたので、選択肢が増化してきました。

格安航空券とは、一般的に、旅行代理店が航空会社からまとめて大量に購入して、それを個人の客に販売するという形式をとっています。

このため、正規料金よりも、安く購入できるわけです。このスタイルは、航空会社にもメリットがあります。航空会社は、ファーストクラスとビジネスクラスの席が埋まりさえすれば、それで元が取れるといわれています。ですので、エコノミークラスを格安な値段で売ることができるのです。格安な飛行機で旅行したい人には、このシステムは大変便利で、今まで多くの人が利用してきました。



こんな便利な格安航空券なのですが、最近は、事情が変わってきました。多くの航空会社が、インターネットで直接、個人のお客に航空券を販売するようになってきたのです。インターネットで空席を確認したり、座席を指定できたりするようになり、利用者にも都合が良くなってきました。また、前もって予約すると、かなり割引もしてくれるので、旅行代理店に足を運んで、格安航空券を購入するメリットがなくなってきました。そして、最近の航空会社は、航空券を購入する時に、ホテル予約もできるようになってきました。

ですので、最近は、旅行代理店を使わずに、直接航空会社からチケットとホテルの予約をする人が増えてきました。

格安航空券の場合、マイルは付与されませんが、直で予約すればマイルが付き、格安航空券よりも、逆に安価で飛行機に乗れたりします。さらに、まれに、大変激安の航空券を手にする事ができます。これは、旅行代理店が売れ残りのチケットを安売りする時で、これを利用すると、安く旅行ができます。